くじらのうた

夏井いつきさんのポラーノの広場のすみっこにいる組員のブログです。 いつき組の皆さんの交流の場になればいいなと思っていますので、はじめましての方もどうぞお気軽にコメントください♪



俳句ポスト365「蝉」・俳句生活「雲の峰」・一句一遊「秋を待つ」

皆さん、こんにちは(^-^)/

今日は、結果発表が3つも重なってお祭りみたいな日ですね🎵

まずは、俳句ポスト365「蝉」です😊

今回は、1817名10088句の投句数だそうですね😲

もう、10,000句超えが普通になりつつありますが、そんな凄い数を毎回、ハイポに限らず選句される夏井いつき組長に改めて敬意を表します。


【地選】

蝉鳴くや記憶の家の黒かりき      ぐ



これも、蝉の細かな種類ではなく「蝉」という生き物の存在で勝負しようという意志が読み取れる作品です。「記憶の家」は、今は無くなった生家かもしれませんし、小さい頃近所にあった、誰が住んでいるのかも分からないのだけれど、気になっていたお屋敷かもしれません。「記憶の家」という詩語は「黒かりき」という過去の印象としてのみ残っているのです。毎年「蝉鳴く」頃になると、なぜかあの「家」を思い出してしまう。小説や映画のワンシーンのような奥行きのある作品。これも「天」に推したかった一句です。

(俳句ポスト365より引用)


ぐさん、一句一遊とハイポの両方おめでとうございます💐
この何やら黒く渦巻くものは、他の鳴く虫ではなく蝉がぴったりですね🎵
油蝉や熊蝉だと思いました。
天に推したかったと言われてますね🥺
次こそは❗❗ 期待してます😊

あっ、その前に私も金曜日に…(笑)
|・ω・*)チラッ…


俳句ポスト365に入選の皆さん、おめでとうございます💐💐💐





続きまして、俳句生活「雲の峰」✨


【地選】

雲の峰眩し老馬へ一点買い      ふるてい


「雲の峰眩し」と句またがりの構成。次のカットで「老馬」が出てきたかと思うと、「一点買い」で競馬だとわかる展開が実に面白い作品です。勢いのある季語との付かず離れずのバランスも見事。

(俳句生活より引用)



馬好きなので、この句好きですね~🏇✨
競馬はしたことありませんが、この老馬はかつての名馬でしょうか。
引退レースの場面を思いました😊
色々な思いも想起できますね。

今回から、天地の賞品に「マグロのあたま」というサプリ❓がもらえるみたいですね🤭
ふるていさん、頭がますます冴えるようになりますね🎵


それから、個人的にあいだほさんの句が特に好きです😊

玉砕の1000円カット雲の峰
企画1 峯雲ジェットコースター      あいだほ


上の句、めっちゃ共感します😭
下の句、企画2・3が気になります🤭


俳句生活に入選の皆さん、おめでとうございます💐💐💐




続きまして、一句一遊「秋を待つ」🏖️🍂


【水曜日】


海の色少し褪せたり秋を待つ  竹田むべ

海が一番輝く夏が終わりに近づく。

ちょっとひと夏の恋が終わったような心情的な感覚もありますね。


秋を待つ素足で触るるリノリウム  くじら雲句会 冬のおこじょ


リノリウム、わからなくて調べました。
床材のことなんですね。
バレエ教室や舞台の稽古場を思いました。
ドラマのワンシーンみたい✨


吾輩の主人は教師秋を待つ   八幡浜うさの


吾輩は、秋が来ると死んでしまう。
結末を知っているからこそ、秋を待つが響く気がします。
死んでからも名前はつけられなかったのでしょうか。


【金曜日】

秋待ちて寂しさの固まりとなる      大津美


誰にでもあるような心に隠している寂しさ、その心の寂しさがどんどん硬化していくけれど、自分ではどうしたらいいのだろう。
卵の殻の中に丸まっているイメージです。


秋を待つ東京に月浮腫みをり      ぐ

今の情勢、東京が響きますね。

でもここで私は生きているのだ。



今週読まれた皆さん、おめでとうございます💐💐💐




●俳句ポスト365「蝉」

【人選】

蝉よ最期に空を見せてあげませう
蝉は陽に焚べらるるごと鳴きて果つ     いさな歌鈴


●俳句生活「雲の峰」

【人選】

カーブミラーに去りゆく君や雲の峰
十年は見事な峰雲見ておらぬ              いさな歌鈴


ありがとうございました😊


俳句ポスト365「野分」机くんレポート✏️

皆さん、こんにちは(^-^)/

俳句ポスト365「野分」の机くんレポートが、関津祐花さんから届きましたので以下転載します☺️


机くんレポート:野分編です。台風には少し生々しい記憶がありましたが、ハイポに取組む中で記憶にかさぶたができてきました。

野分とは、野の草を吹き分ける風のことで、辞書や多くの歳時記では、台風とほぼ同義とされています。

しかし、俳句ポストの底本である講談社『新日本大歳時記』やその他の歳時記でも、「野分」と「台風」は別の季語となっています。

雄山閣『新版・俳句歳時記』に至っては「野分は台風ほどではないが、野外の草木を吹き分ける強い風」と、野分と台風は別の風とされています。

台風との詠み分けが難しいですね・・・そんなわけで、いつもの机くんレポートのように台風のことを報告するのはやめておきます。

『全訳読解古語辞典 第三版』のコラムには「中古の作品では、野分の強風ぶりとともに、その風情も語られている。
野分の風は、肌寒さや心細さを感じさせ、人恋しくさせるものであった」として、「源氏物語」や「和泉式部日記」の例が挙がっています。

夏目漱石の作品に『野分』があります。

青空文庫 野分 https://www.aozora.gr.jp/cards/000148/files/791_14959.html 

(小説の設定に、漱石と子規とのつながりを感じるのは私だけではないと思います。)

通説では野の草を吹き分けて通る風として考えられていますが、柳田国男は、「わいだ」(「わいた」とも言い、秋の稲作の季節に外海から吹いてくる強風)と関連し、野分は立ち重なる雲の間から突如として吹き出す風ではないかと考えています。


以上。


祐花さん、ありがとうございます😊
台風では、何やら大変な体験をされたようですね💦
今、ご無事で何よりです☺️

漱石の「野分」は知らなかったので、後で確認しますね📖


台風は別季語なので、野分との違いは何かな❓と自分なりに考えました。

台風は比較的新しい季語、野分は昔からの季語で、台風のように空(宇宙)から認識されるものではなかったと思います。
なので、台風は空からの視点はありだけど、野分の場合は地表近くからの視点なのかな❓🤔と思いました。

それから、机くんレポートの
「野分の風は、肌寒さや心細さを感じさせ、人恋しくさせるものであった」
この部分、台風との詠み分けに興味深いです🧐✨

ズバリ俳人好みの季語ということですね🤭

なんとか、4句以上は投句できるように頑張りたいです😊

皆さん、一緒に頑張りましょう\(^o^)/



「子規をギャ句゛る」が届きました📖✨

皆さん、こんにちは(^-^)/

7月15日に発売になりました夏井いつき組長の新著が届きました~🎵

_20200717_191119


この本のためのギャ句゛を募集していたのは、去年の初夏の頃でしたか❓🤔

遂に❗✨という感じですね😊

確か、この企画に投句するために初めてギャ句゛を作ったと思います。

そして❗なんと❗
4句も掲載していただけました~😆

いや、と言っても優秀句だからというわけではないのです🤣🤣

でも、見開きページで掲載していただいてたり贅沢この上ないです🥺✨

う~ん、それにしても、普通の句なら見たら自分の句ってわかるのですが、今回のギャ句゛は4句ともま~ったく覚えていません😂😂

私が寝てる間に、くじら先生が投句したんかな❓🤔


それから、俳句ポスト365でお馴染みの金子どうだ先生が一句ずつにコメントくださっています🤭

くじら先生は、どうだ先生の(自称)弟子ですからね🐳
きっと、くじら先生も喜んでいることでしょう😆

句友さん達のお名前も、たくさん掲載されています☺️

見やすくてクスッと笑えて、組長が楽しく作られたのがよく伝わってくる一冊ですよ🎵



えっ❗❓
組長のブログに「次回のシリーズ」と書いてありますね~✨

次はどなたの句をギャ句゛るのでしょうか😆

ちょっと今回の掲載に味をしめて、次回もぜひ頑張りますよ~🤭


最新コメント
メッセージ

名前
本文
記事検索
プロフィール

いさな歌鈴